ブログ木の便り

漆室

漆室

チェリーベンチの納品も無事終わりました。

ダイニングテーブルと相性もピッタリ合い、大変喜んで頂きました。

ついでに、テーブルのメンテナンスも行いベンチ以上に喜んで頂けたことが、何よりでありました。


色々と並行して、漆室の製作や、新製品「焼き物漆、携帯正座椅子」も進行中であります。

特に、焼き物漆は現代工芸のセカンドとして良い方向に持って行けそうな気がいたします。

携帯正座椅子もRINZAに無いコンパクトな形状と、正座の文化を再認識できる素晴らしい道具として、世にお届け出来ると思っております。


今は霧の中ではありますが、だんだん濃霧になり、着実に結果がまとわり付くような、印象であります。
チェリー材ベンチ 完成

チェリー材ベンチ 完成

今までのベンチと違い、構造から見直して製作しました。

今回の方法ですと、修理、シートの張り直し、ベンチに座る時の出入りのしやすさなど、長く使って頂ける事を、重視しております。

その分、手間が三倍ほどかかりますが、この世に残しても恥ずかしくないベンチだと思っております。

お客様に気に入って頂いて、末永く愛される家具になって欲しいです。




ベンチウレタン

ベンチウレタン

お客様のベンチシート制作しております。
シートを貼ってしまいますと見えなくなってしまいますので、中身はこのような感じになっております。



私の自宅で使っている、激安ソファーのカバーを洗濯しようと思い、ついでにクッションの中身を見てみました所、絶句するほどの酷い中身でした。

綿と粉砕チップウレタンと鳥の羽でした。

フレームはベニヤに薄いウレタンを貼ってあり、まあ安いから......。

安い理由は、見えない所にあるのだなと思いながら、使ってはいますが、作ることが出来るのに不思議な感覚と共に、まだ使っています。