ブログ木の便り

姿が見える

姿が見える

一生涯までに、「マイチェアが欲しかった」とのお話から

そのお客様に合わせて製作させて頂いております。

ふと、椅子を見ますと、私の中でこの椅子に

お客様が座って、くつろいでおられる姿が見えました。

日向ぼっこをされながら庭を見ているような感じでした。



私の勝手な思い込みもありますが、

今回の椅子は通常より肘掛を広くすることにいたします。

その方が、よりリラックスできて気に入って頂けると思いました。

楽しさの優先

楽しさの優先

本日は、娘の中学入学式でした。

朝に、お父さんも行った方がいい?と聞くと

すぐ終わっちゃうから来なくてもいい、と娘に言われたので
お言葉に甘えて作業をしていました。

さすがに悪いと思い、どっか食べに行く?
と娘に聞くと、お寿司!と元気な返事があったので

じゃあ奮発して回らないガチの寿司屋にいこう!
と言いますと、やだ!

え?なんで?......。

だって楽しくないもん!

あーそうですか。確かに。

私も入学式より作業を選びました。
その方が私にとって楽しいからです。

娘よ、美味しいより楽しい、さてそれはどこですか?
削るだけの道具

削るだけの道具

右から、背もたれ、座面後ろ、座面前の材料になります。

それぞれの曲線が違うため、それ専用のカンナになります。

効率を上げるため同時進行を心掛けてはいますが、

並べてみたものの、削る人は1人。

それでも、カンナで仕上げた曲線は美しく

肌触りも良いので、必要以上にこだわっております。