ブログ木の便り

おもちゃと呼ばれた小鉋

おもちゃと呼ばれた小鉋

10年ほど前に勤めていた会社の社長から、「そんなおもちゃ使えるの?」と言われたことを思い出しました。

現在から20年ほど使っておりますが、未だに現役です。

その社長の言葉にイラッとしたので、目の前で削って見せるとサッと居なくなりました。

私も仕事で語れるようになりたいですね。
汁椀 完成

汁椀 完成

素材からこだわり技法も考え抜き、現段階で最高の椀が出来たと思います。

すでに9脚予約をお受けしておりましたので一気に在庫が無くなりました。

ここまで素材を吟味し、手をかけた椀は使う方を選ぶかもしれません。
経験値

経験値

画像とは関係ありませんが、先日綺麗に磨いたイチョウの板とケヤキの板を納品してきました。

案の定、お客様が綺麗に仕上がったイチョウの板をそのまま玄関のタイルに置こうとされたので、「宜しければフェルトをお貼りしますか?」と尋ねました所、「大丈夫です。踏み台にしますので」とお答えされました。

ここまでは想定内でしたので、「今回、イチョウの板は砂や小石が入ってましたので完全に平面が出せませんでした。置くとカタカタすると思いますので、砂防止とガタツキ修正をするため貼ってもよろしいですか?」
「じゃあ、お願いします」。



これで、次イチョウの板は誰かが使ってくれると思います。


画像は曲木のテストです。
超ハイレベルなので参考までに。