ブログ木の便り

寒中見舞い申し上げます

寒中見舞い申し上げます

昨年、父が亡くなりましたので新年のご挨拶を控えさせて頂いております。


年もあけ、2日目から仕事を始めておりますが、新年のあいさつ回りなどで、いつから仕事始めですか?などの会話がございます。

私としては、仕事という感覚より、好きな事をしている気持ちが強いですので、その先方との会話のズレがよくあります。


昨年は休みを作らず日々仕事をしてきましたが、今年もこのペースで行くのかな?とよく分からない気持ちでいます。


仕事に代わる言葉を探して、今年も〇〇を全力で過ごして行けたらと思っております。

令和2年 1月4日
お客様のお手紙

お客様のお手紙

RINZAをご購入して頂いた、お客様からお手紙が届きました。

とても嬉しい気持ちになり、お客様の許可も頂きましたので紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中本様へ

素晴らしい芸術品を見せて頂きました。

色も形も申し分なく、美しいと同時に、

機能美を備えるものだと感じましたので、

これからがとても楽しみです。

運慶、快慶が木から仏像を取り出したように、

中本さんもRINZAを取り出したような、

人間知を越えた洗練さがあります。

良いものを頂き、ありがとうございました。

2019年12月24日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




大掃除

大掃除

換気扇の掃除をいたしましたが、絶対ここまでやらないだろうと言う、換気扇のダクト部分を掃除してみました。

手がわずかに入るくらいでしたので、強くこすったりは出来ず、洗剤で落とすにも油の膜が強すぎて、拭き取ることが出来ませんでした。

少し、考え方を変えて失敗した漆を剥がすときの方法で、スクレーパーのようにプラスチックヘラで(漆用に使っていた)こそぐように、剥がし取りました。

手が入るくらいでしたので、手先と手首の感覚で行い、ここでも漆の技術が使えるとは、優れモノです。w