ブログ木の便り

漆室 特注

漆室 特注

何度見ても大きいです。

製作途中の扉も機械よりはみ出てしまいますw

普段に無いサイズですので、材料が途中で足りず一旦ストップとなりました。

途中で気が付いたのですが、お盆休みで材木屋さんに連絡取れませんでしたので、本日まとめて大量注文いたしました。

漆室の他に、TVボード、収納棚、本棚、などご注文を頂いております。

まだまだ暑い日が続きますが、木の反りや、板の収縮に気を遣う季節です。


お盆休みを頂いて

お盆休みを頂いて

6日ほど、工房に置きっぱなしになっていた、製作途中の漆室も無事でした。

毛布を被せ、窓を少しだけ空けておいて...。無事でよかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実家では、甥っ子が手作りの梅干をお土産に持ってきてくれて、作った事も無い私は、偉そうに講釈をしてしまい、それを真剣に聞いてくれた甥っ子の情熱に感心しました。

久しぶりに話を聞きますと、私のHPを見ていてくれて、本人より詳しく(私は内容を忘れていた)とても嬉しかったです。

来年は、より美味しい梅干が出来ているのかもしれません。


漆室 組み立て

漆室 組み立て

今回のサイズは、今までにないくらい大きいです。
w1850×d900×h1100が完成サイズです。



構造は基本的に同じですが、部材の厚みや、補強のバランスなど少しずつ、変えております。

材料も良い材料を使うことが出来たので、着々と進んでおります。

ただ、不安なのは、お客様に確認済みではありますが、このサイズが部屋に入るのか...。

分解できる構造も可能ですが、正直漆室ではオススメしてませんので、完成品をお送りする事になります。