ブログ木の便り

ケヤキ スプーン

ケヤキ スプーン

百貨店での展示会にてご注文いただきました、ケヤキの溜塗スプーンを制作しております。

現在の世の中では、100円で木のスプーンが手に入りますが、それでも私に注文して下さいます、お客様がいます。

不思議と言いますか、私の仕事が気に入って頂いた事と思っております。

たかがスプーンではありますが、形から素材から仕上げまでご要望をふんだんに取り入れております。

お客様にとって最高の物を制作させて頂いております。


鋸の手紙

鋸の手紙

以前に、川越市の鋸屋さんに特注の鋸を依頼しました。
そのお返事がきました。

感動するほどに昔の技法や、それをふまえての提案など詳しく、分かりやすい内容でありました。

結果的に私も鋸屋さんも、こんな感じ?のように探り探りの考えではありますが、考えに考えた現時点での答えだと思います。

現在ではほぼ、見なくなった技法を新たに現代的に蘇らせることは容易ではありませんが、私の生きがいの一つとして、とてもワクワクし、新たなイメージが湧いてきております。

たかが一度、尋ねた私に、ここまで全力で答えて下さったこと誠に感謝しております。

試作依頼となりますが、私も全力で取り組みいたします。
デザインセレクション2019

デザインセレクション2019

今年のいばらきデザインセレクション応募の申し込みを致しました。

去年は県知事選定を頂きましたが、今年は三年前に制作した物を応募しました。

本来なら、頭の中で出来上がっている「漆と和紙と陶器」のチャレンジした物を応募したかったのですが、試作も取り掛かっておりませんので来年以降に持ち越しとしました。

日々、色々とやっているつもりではありますが、自分の中のイメージや表現したいことに時間を割くことがとても難しいです。

仕事とお金。
この対比が生きる上で大切ですが、

いつの日か、より自由に、よりわがままに、物作りをすることが私の夢でもあります。