ブログ木の便り

毛引き(けひき)

毛引き(けひき)

細い溝を彫って、ウォールナットの細い木を象嵌します。

真っすぐで、横幅をピッタリするために毛引きを使いました。

参考までにカッターを写真に載せておりますが、筋を付けるだけであればどちらでも良いと思います。

理屈と結果のお話になりますが、カッターは両刃でありV字に刃が付いております。

一方、私の毛引きは刃物屋さんの特注で鋼を安来鋼でいわゆるカンナの刃と作りが同じ片刃です。

V字の場合(刃の厚み0.5mm)÷2=0,25が
目標の線から、ズレます。

片刃はゼロに近い目標の線が引けます。

カンナと同じ刃物で線を引きますので、きわを切る事が出来ます。

もちろん仕込みも自分でしておりますので、切れなくなったら
研いでカッターの切れ味ぐらいには戻ります。

古い道具も本当は高性能です。


包丁の柄 完成いたしました

包丁の柄 完成いたしました

昨日、お盆休みを終えて実家から戻り、本日納品してまいりました。

実家では父の体調があまりよくない状況でしたので、出来る限りの看病をしてまいりました。

実家の鳥取では父の容体が悪くなった時に、兄が動いて、くれているので安心しております。

今回の里帰りで、自分の中で「余生」と言う物を改めて強く考えるようになり、現在私は、39歳ではありますがこの世に自分の最高作を残したい気持ちで溢れております。自分が有名になったり名を残す事で、家族やお客様に恩返しができるかと思っておりましたが、少し違うと思い始め、最終的に時代を超えて未来の方に感動を与える事のできる作品を作ることが目標と切り替わっております。

その為には、時間と日々の生活のお金が必要になりますが、後悔したくないので作品を制作するための集中期間を設けたいと思っております。

予定では来年の三月くらいから取り組むといたします。



乾き

乾き

湿度が高いので、床に置いて充分乾いております。

ケヤキの粉を漆で固めて、軽さと強度を出しております。

11日からお盆休みを頂きますので、それまでに2度漆を塗ってお盆休み中しっかりと乾かす予定でおります。