ブログ木の便り

塗装 ゆらぎ

塗装 ゆらぎ

追加塗装で、キッチンの塗装をしてきました。

使ってある材料は、集成材やシナベニヤではありますが、そのままでは安っぽいと言う事で、白の着色をしてウレタンで、現場で仕上げてきました。

理想でしたら、私がキッチンを作る事もできますが、予算の関係上、塗装で良くするという仕事です。

ただ単に、白く綺麗な塗装ではなく、なぜか落ち着く白を目指し、色ムラが無いようで、ある、ギリギリの上手さを意識してみました。


仕上がってみると、不思議な事に、設計士さんやお客さんから、なんか綺麗な色ですね。と褒めて頂けました。

意図的に、人間らしさを残す。楽しい仕事でした。


テーブル脚 加工

テーブル脚 加工

久しぶりに木工をした気がします。

住宅塗装も明日でひと段落し、このテーブルも納品いたします。

今回で気が付いたことがありまして、手作業には「見えない安らぎが出る事」です。

勝手な憶測ではありますが、プリントの杢目からはこれと言って何も感じない事があり、自然木からはなんとなく安らぎを感じておりました。

そこには、F分の1ゆらぎ、というリズムがあるようで、その効果で安らぎがあるようです。

その安らぎを、自身の手から作り出せる気がいたしました。

杢目の使い方や、塗装の色ムラや厚み。

ただ単に、綺麗とか平らではなく、そこに人の手だから表せる「ゆらぎ」を少し表現できそうな気がいたします。
キッチン高さ上げ

キッチン高さ上げ

施工会社さんのミスで、キッチンの高さが予定より5センチ低いので、高さを上げる事ができますか?とご相談がありました。

本来ならキッチンメーカーにやってもらうのが、スムーズなのですが、メーカーのミスではないので、やってもらえず、施工会社さんから私の所に、最後の綱として連絡がありました。

10年ほど前に似たような、ベニヤ関係の仕事をしておりましたので、およその構造や作り方が分かっておりましたので、キッチンを外してもらえたら出来ますよと、受けさせて頂きました。

当日、少し早く着きましたので、キッチンを外す業者さんが一人で、外しており、さすがにかわいそうだと思い、余計な世話かな?と思いながら、お手伝いして、ようやく外せました。

私の仕事の5センチ高くする木枠も、準備万端でしたので、置いて取り付けて、三分で終わってしまい、あまりの速さに業者さんがあきれるように高笑いされていました。

外したキッチンを元に戻すのもお手伝いし、帰り際に業者さんから丁寧なお礼を言って頂けました。

仕事は次の事を考えて仕事をする。

お客様から、高さの上がったキッチンが細部まで綺麗に出来て、信じられないと驚きのお言葉を頂きました。