ブログ木の便り

香川漆器 修理完成

香川漆器 修理完成

漆の修理をさせて頂き納品してまいりました。

修理と言うより、リメイクのようになりデザインを変えてしまいましたので、正直お客様に見て頂く事が不安でありました。

自分としては、全力で取り組みいたしましたので、これで駄目でしたらもう一度塗り直すつもりでした。

不安の中、お客様にお見せいたしました所「すごい!良いじゃない!」と喜びのお声を頂きまして、とても安心いたしました。

そのお客様は骨董品がお好きで、以前より少し見せて頂いた事がございましたが、今回の仕事で信用を頂けたようで、より良い骨董品を拝見させて頂きました。

その中に、竹細工で出来た一輪挿しが見事な仕事っぷりで、裏には作者の銘が記入されておりました。

これを見たときに、自分の中で世に残したいと思う物は、「責任をもって自分の名を入れるべきだと」改めて思いました。

これからも自身の逸品は自分の銘を記入していきます。