ブログ木の便り

2021年3月

エンジュ材

エンジュ材

二年ほど前に、お客様の庭に、大黒柱としておじいさんが植えられた木を、本来なら住宅に使う予定だったお話ですが、住宅会社の方が使うことが出来ないと拒否をされた木を、どうにかして使いたいと、お客様からの依頼がございました。

ご相談をして、丸太の状態ではありましたが、この木で椅子を制作する事となりました。

ただ乾いてないので椅子用に製材し、あれから2年...ようやく加工を始めました。
取り付け完了

取り付け完了

下駄箱の取り付けが終わりました。

リフォームと言う事もあり、壁が曲がっていて下駄箱が入らないアクシデントがありました。

念のため5mm横幅を調節できるようにしており、綺麗に収まりました。

あと2mm大きかったら絶対に入らない現象に変な汗が出ました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前、お客様より「中本さんは物にエネルギーを込めれる方」とお言葉を頂きましたので、

今回、意識的にどのようなエネルギーが物に宿るのか...見ておりましたが、私はパワーを感じました。

元気をもらうと言うより、その中に入れた靴にパワーを注入できるような印象です。

完成した後や、お客様の場所により、変化する気がいたしました。

完成した後も、楽しみが出来ました。

下駄箱 傘入れ

下駄箱 傘入れ

スライド式の傘入れになります。

収納サイズとして靴のサイズと傘のサイズが、あまりにも違うので非常に頭を悩ませました。

同時に収納は出来ないと考え、下駄箱の中に傘用のBOXと考えましたが、取り出しにくいとなり...再度考え、BOXを引き出せればと考え直しました。

結果的にBOXにする必要は無く、板がスライド出来て、傘の高さも二段にすることで倍に収納できるようになりました。
下駄箱 扉 塗装

下駄箱 扉 塗装

扉は留め継ぎ(45度同士)で加工いたしました。

90度(障子のように縦横につなげる)の方が、はるかに楽ですが、内側の面取りを一本の木から削り出したかったので、留め継ぎにしております。

古い家具の扉や、少し高級な家具の扉を見ますと、およその仕事がわかります。

90度にモール材(細い木に彫刻が入っている)を貼り付けた物。

45度にモール材。90度に曲線の彫刻。など

今回は、一番難しくて一番綺麗に見える技法にしました。


下駄箱 扉

下駄箱 扉

今回の下駄箱には鏡を取り付けますので、フレームを進めています。

サイズも大きいですので、鏡の重さに耐えれるように構造を工夫しております。

無垢材は木の収縮が激しいですので、きつくはめ込むと、鏡が割れてしまいますので、遊びを作りながら、はめ込みますが、緩いと扉の開け閉めの時、鏡に衝撃が入りますので、緩いけど動かないはめ方になります。
漆室完成

漆室完成

アクリル板が届きましたので漆室を進めました。

スッキリとした使いやすい漆室になったと思います。

木材も上質な物を使いましたので、何十年と耐久してくれると思います。