ブログ木の便り

2020年5月

干す

干す

久しぶりに仕事に疲れたので、気晴らしにお茶とブドウを干しました。

裏庭にお茶の木があるので、摘んで蒸して揉んで干して飲みましたが、息子に雑草の匂いがする...。

と言われイラッとしました。実際美味しくない。子供は正直です。


ブドウはブドウ園をされている家ののリフォームの時、販売されていたのを真似をしてみました。

作り方は聞いておりませんが、そこの干しブドウは今までで桁違いに1番おいしかったです。


結局、何かしら作ることが好きなようです。
度重なるミス

度重なるミス

ライターをスリムサイズで間違えたので、こんなに要らないのですがレギュラーサイズを取り寄せました。

BIGオフィシャルHPでは、サイズL80×W25×D11と書いてありましたので先に材料を木取りしました。

しかし、到着したライターサイズを測ると、L80×W25×D15でした...。

なぜだ。どちらが正解なのか?。まさかの取り寄せたライターが偽物なのか...。

考えるのはやめにして、BIG株式会社さんにTELいたしました。

...。なんやかんやお話して、確認して頂いたところ、HPの間違いで実際のサイズは現物のD15が正解の様でした。


久しぶりのボス級の仕事になりましたが、ここからは早いです。

やり直しして、明日には完成すると思います。

現物こそ真実であります。
失敗から見える事

失敗から見える事

タバコーケースに心折れてきましたが、結果的に良い方向に向かっております。

 

入らなかったビットも、コレット4分の1インチで無事使えそうです。ここまではよくある話ですが、ライター指定があり、これで良いと思っておりましたが、このライタービックメーカーには、レギュラーサイズ、スリム、ミニ、電子レギュラー、などあり、写真のライターでケースを作っておりましたが、これはスリムライターのようで、お客さんからは、レギュラーサイズが良いとの事。

 

1度見本でレギュラーサイズで作ってお客様の確認を取り、コンビニでビッグスリムライターを購入し今回と何か蓋の距離と違うな?っと色々とナゾな合わない感じが、ようやく理解しました。

 

すでにスリムサイズで作ってしまったので、最初からやり直しではありますが、機械の種類やライターの種類など、それに合った物はそれでしか無い。 「これ」の意味を深く理解しました。

4分の1インチ

4分の1インチ

Amazonさんにはお世話になっておりますが、

メーカーによって4分の1インチの認識が違うようです。

現場が早く終わったので、タバコケースの続きをしようと準備をし、予定通り刃物が届いたのですが

機械に入らない...。

イラッとして測りますと、6.5mmうーん。

下の4分の1インチは、6.1mm。

どっちが正解なのか分かりませんが、使えない。

青い刃物は、4本で1,200円、超安いのに使えない...。だから安いのか?

もうどうでもいい。手で削ることにします。

新しくAmazonさんで頼むより、手の方が早い。
現場塗装2

現場塗装2

白塗りも終わりカウンター塗装で、ひとまず二階の床以外すべて終わりました。

白塗りは本来2回で仕上げますが、極めて薄く均一に塗る事で1回で仕上げました。

リスクは大きのですが、他の部分や1階など、まだまだ塗る所はあるので設計士さんと相談して1回で仕上げました。

綺麗に出来ていると思います。


今回の現場は、大工さんが交代するという(最初の方が能力不足なのに仕事が遅い)予算がドンドン無くなってしまったそうです。

塗装中にも多数、仕事の出来が謎な部分があったのも納得しました。

そんな訳で、私に求められた塗装は綺麗に早く。であります。

職人は常に求められる以上の仕事で答えます。




タバコケース

タバコケース

現場を本日は休み、タバコケースを進めております。

他の用事があり、携帯電話の乗り換え予約(本人でないとダメなので)、出遅れた母の日のプレゼント発送、材木の受け取り、など、ついでの雑用も沢山あったので、すべて終わらせました。

タバコケースの板は薄い板を使うので、狂いや空気に触れさすため、先に板だけ準備しておきます。

その他、金具や部品など全て揃っておりますが、時間が足りません。

明日から現場もあるので、少々お待ちください。