ブログ木の便り

2020年2月

漆室 二重板

漆室 二重板

小型サイズの漆室ではありますが、ハイスペックの漆室になります。

正面扉以外、杉板の二重張で気密性、保温性が、格段に違います。

構造がその分、複雑になり、手間暇はかかりますし技術を要します。


参考までに他社の漆室を拝見いたしましたが、釘を使った物もあり、絶句してしまいました。

高温多湿になる漆室に金属を使いますと、錆が出て見た目も良くないですし、長く使う事が出来ません。

そんなことを考慮して、良い漆室をご提供いたします。


? マグカップ

? マグカップ

?は、マグカップの取っ手でありました。

木のマグカップは、あまり見ないのと販売されていても、ゴツイ感じだったり、海賊が使うようなイメージがありましたので、自分が欲しいと思う形にしてみました。

実際は、お客様から「いつでもいいので作って下さい」と頼まれておりましたので、約1年経ってしまいました。

忘れる事はありませんでしたが、イメージがハッキリしないのと強度の問題(取っ手)で、頭の片隅で熟成しておりました。

現在は、このマグカップに漆を塗っております。 かなりカッコイイ感じですが、手を掛け過ぎているため金額が不明であります。

ただ...あまりにも楽しいので、とことん追求して行きたいと思っております。

お客様には、安い方と高い方、どちらか選んで頂けるように2つ制作しております。
? の答え

? の答え

いよいよ形になってきました。

出来るか出来ないか、そこの挑戦をしている時が、やっぱり楽しいです。

頭の中でよく考え、出た答えを形にしていく。

結果的に?が!になったと思う仕事でありました。
近日、答えがでます。
? 接着

? 接着

これだけ仕事をしている訳ではありませんが、もしかすると新しい発見なのかもしれません。

そんなことを考えながら、納品や新しいテーブル制作、漆室など進めておりますが、1日の仕事量とブログのバランスが取れないほど、日々製作しております。

そんな中、出来るか分からない事をやっている瞬間が、至福の時でもあります。

それでも、新しいプロジェクトのALL IBARAKIや新作も少しづつ進展がございます。

茨城を代表とします結城紬がプロジェクトに入るかもしれません。

自分でこんな物づくりの世界があると良いなと思って、ただ実現へ向けて活動中であります。


?

?

作っている本人はいたって真面目に製作しておりますが、?に見えるので、このまま謎のままブログに続けて見たいと思います。

直径20ミリを曲げる事が出来るのか...のチャレンジもありますが、上手く行きそうです。

緩やかな曲線や径が大きければ、いとも簡単なのですが、ある物のパーツで必要でしたので、制作中です。

一本の木から削り出す方が簡単ですが、この細さと厚みでは強度が無くなるので、曲木としました。

意味あって?ですが、いずれ公開いたします。
脇息 完成

脇息 完成

やっと完成いたしました。

曲線や透かし彫りなど、想像以上に時間が掛かりましたが良く出来たと思います。

黒い方は骨董品屋さんから購入されたものらしいですが、仕事が甘いです。

制作者の方も、おそらく曲線や透かし彫りの仕上がりを、ごまかすために焼杉風にして仕上げたのだと思います。

私はヒノキで削りの見えるクリアーウレタン(先方からの指定)で仕上げましたので、見る方が理解力のある方なら間違いないと思います。

ただ、今回は材木屋さん経由の仕事でしたので、実際のお客様は、どこまで何を求めておられるのか不明なままです。

それでも、自分に恥ずかしくない仕事をいたしましたので、これで良しといたします。