ブログ木の便り

2018年12月

今年もお世話になりました

今年もお世話になりました

結局31日も作業をしてしまいました。

心底好きなんだなと思いました。

これもまた、家族の支えや、お客様のお陰様だと

思っております。

今年の最後のご挨拶といたしましてホームページの

トップにお書きいたしましたので、

お時間ございましたらご覧くださいませ。

今年もありがとうございました。

中本
お盆完成

お盆完成

ようやく完成いたしました。

木地溜め塗りと言う技法になります。

木の杢目が見えるように、半透明の朱合い漆を

塗って仕上げた物です。

今回は、導管もうっすらと見せたかったので

失敗は出来ない仕事でもあり、私には難しい仕事でした。

色々、改善点はあると思いますが、

なかなか良い出来と思っております。

末永く使って頂ければと思います。
オークテーブル加工

オークテーブル加工

お客様との打ち合わせも終わりましたので

迷いなく加工できます。

今回は直径110㎝の35ミリ厚ですのでとても重いです。

脚を細く見せたいとのご希望でしたが、重さと、天板の丸い形に

対しての脚の場所が構造上、「不安定になる」と

お伝えいたしましたら、納得して頂き、「お任せします」と。

ここからはお任せください。理想のテーブルに仕上げさせて頂きます。

息子のサッカー

息子のサッカー

12月25日に行ってきました。

特別な場所での練習試合で、とても綺麗な場所でした。

最近ゆっくりしていない事もあったので息抜きもかねて

とても有意義な時間でした。

ここ三日間ブログを書いていたのですが、更新ボタンを

押しておらず、消えていました。

相当、疲れているようです。(笑)

できれば、ここで私もサッカーしたかったです。


オーク丸テーブル

オーク丸テーブル

オークは外国の楢(ナラ)の木になります。

以前お客様から、オークって樫(カシ)の木でしょ?

と尋ねられたことがあります。

私には意味が分からず、ナラの木ですと答えてしまいました。

よくよくお話を聞きますと、

英文学では、樫
材木では、楢
と、言われているようです。

たしかに、樫も楢もとても似ています。

しかし、適材適所の言葉もあるように

樫は農機具の柄や斧の柄に向いております。

楢は樽(たる)、テーブル、家具などに向いております。

オークも、ホワイトオーク、レッドーオーク、ブラウンオークなど
色味によって言い方が変わります。

まだまだ知らないことがありそうです。




香合木地

香合木地

お寺の住職様からのご依頼です。

杢の入った香合をご希望という事で材料をご用意しました。

とにかく杢のある材は、貴重であり、しかも加工が

急激に難しくなります。

繊維方向が入り乱れ、細かい割れも入っています。

その分、仕上がった時の美しさは、宝石の様です。

神経が磨り減る作業ではありますが、とても楽しみです。